テラスハウス軽井沢【11話】ネタバレ|遂に安未が動く?!

テラスハウス軽井沢【11話】 Best Actor in a Supporting Role

スポンサーリンク

前回のあらすじ

つばさと至恩は仲良くクリスマスツリーの飾りつけをし、スケートデートの約束をする。

一方中村さんと安未はランチデートに出かけたのだが、終始つまらなさそうにする安未に騒然とするスタジオであった。

そしてテラスハウスに二人の新メンバーが入居した。

一人は上村翔平(28)。ミュージシャンのボーカルを務めている。大人で良い人感満載の素敵な方。

しかし入居初日には、安未に”水道業者の人かと思った”と言われ若干ショックを受ける。

女子の新メンバーはまさかの島袋聖南(30)。3年ぶり4度目の入居。”最後の恋を探しに来た”とのこと。

前回のお話(テラスハウス軽井沢【10話】)をまだ観てない方はこちらをどうぞ(#^.^#)

テラスハウス軽井沢【10話】ネタバレ|新メンバーはまさかの?!
...
スポンサーリンク

テラスハウス軽井沢【11話】ネタバレ

※ここからは「テラスハウス軽井沢【11話】」のネタバレを含みます。
ご注意ください。

スポンサーリンク

みんなで夜ご飯をつくる

入居翌日、翔平と聖南を含め、みんなでハンバーグを作ることに。

翔平は至恩とも中村さんとも楽しそうにハンバーグをこねる。既に仲良し感が漂っていていい感じです。

そして傍でお酒のつまみを作る聖南さん(笑)。

食事後もお酒を飲み続ける聖南さん。”(明日)どこか出かけたい”と話す聖南さんは中村さんと車で出かける約束をする。

スポンサーリンク

聖南さんと中村さんは旧軽井沢へ

ランチをしに来た二人。

ここで、中村さんは5人兄弟の末っ子であることが判明する。一方の聖南さんは4人姉妹の長女。

なんだかいい感じの雰囲気の二人。

中村さんの恋について質問する聖南さん。

中村さんは”恋はしてないかな、気にはなってたけど”と過去形な話し方をするのであった。

スポンサーリンク

良い雰囲気の二人

二人で夕食を作る中村さんと聖南さん。聖南さんは実は料理上手!

聖南さんのタイプは”誠実で面白くて頼れる人”とのこと。

自分が長女だから相手になんでもしてあげてしまうタイプらしく、結局相手に舐められてしまうのだという。しかし30際にして”やり過ぎは良くない”ことを学んだと語る聖南さん。

落ち着いた雰囲気で相性の良さそうな二人。そこへ安未が出来上がったご飯を食べにリビングへやってきた。

安未が「おいしい」と言い、「良かったー」と安心する聖南さん。
(聖南さんは女子に対してとっても優しいところが素敵ですよね)

安未は中村さんと聖南さんがお昼に行ったデートのことを質問する。

楽しそうに感想を語る聖南さんと中村さん。安未は「二人で行ったの?」と尋ねる。

そしてものすごく冷めた目線を皿に向け、フォークでパスタを巻き取る安未。

(徳井さんも思わず”ちょっとにこやかにしたほうが良いよ?”と呟くほど)

スポンサーリンク

すると安未が、、、

食後、安未は中村さんがいる男子部屋へとやってくる。

安未は珍しくにこにこしながら「(残り少ない)2017年、遊ぼう。スノボ行こう」と誘う。

「軽井沢にする?他にも滑れる場所たくさんあるけど」と中村さんが言うと

「(普段とは違う)他のとこがいい」と答える安未。

そしてスノボに行く約束をして、部屋から出ていく安未だった。

急に可愛らしい一面を見せる安未

突然中村さんをスノボに誘う安未。一体何があったんでしょうか。

理由はいくつか考えられます(笑)

一つはスタジオメンバーも話していたように、”聖南さんと中村さんが良い雰囲気に見え、中村さんが自分の方を見なくなってしまいそうだったから突き動かされたパターン”。これは一番あるのかなと私も思いました。3人で夕食を食べているときも、2人のお昼の様子を気にしている素振りも見せていましたし。

こういう振る舞いは20歳の女の子って感じがして、とても可愛らしいんですけどね。

二つ目は山ちゃんの意見で、”ネットの評判を気にしたパターン(笑)”。ネットでものすごく叩かれている安未だけに、そういった声を気にして楽しそうに振る舞ったのではという見解。

んー、確かに少なくともネットの意見などは気にしてしまうとは思うんですけど、安未のタイプ的にそんなこと気にしないんじゃないかな?と個人的には思います。

そもそもネットの評判を気にするならもっと楽しい演技をするはずですよね?そんな意図を微塵も感じさせないくらいにつまらなそうにしてますからね(笑)。

いずれにしても安未が自分から動いたのは、今後が気になる展開で嬉しいですね(#^^#)

スポンサーリンク

つばさと至恩はスケートデートへ

二人でスケートデートにやって来たつばさと至恩。

北欧のような素敵な雰囲気のある屋外スケートリンクです!

軽快に滑るつばさとぎこちなく滑る至恩。つばさが至恩の手を引いて滑る姿はまるで漫画のワンシーンのよう。

最高のデートをする二人でした!

そしてお昼ごはんは”つばさのお父さんのお蕎麦屋さん”へ。

至恩を見て「良い男ですね」と笑顔で話しかけるつばさの父親の富男さん。

つばさに「おめえデートしてるとこ初めて見んぞおい」と嬉しそうに話す富男さん。

つばさは「うるせー!うるせー!」と少し照れた様子。

そして至恩に「ゆっくりしていってください」と満面の笑みで声をかける。

(スタジオからは大歓声&”名脇役”との声が)

お父さんにとても好印象を抱く至恩と、それを嬉しそうに感じるつばさ。

至恩は「あんないいお父さんいたら、そりゃこんないい子に育つわ」とつばさを褒める。

富男さんが男手一つで育ててくれた話になり、お母さんが亡くなった時”多分一生分泣いた”と話しながらも飛びっきりの笑顔を至恩に見せるつばさ。

至恩も愛情溢れる目で見つめる。

そしてお代はなんと富男さんの奢りとのこと!

”よろしくお願いします”と言って至恩と握手する富男さんがとても素敵でした。

スポンサーリンク

翔平のライブ

そして渋谷では翔平のバンド「SHEWAS」のライブが行われていた。

会場には聖南さんと至恩と安未の姿が。

披露したのは「Rain Drops」というジャズ調のとても素敵な歌。

そしてノリノリな聖南さん。

「翔平っちやべーな」と感想をもらす聖南さん。

安未も「何か偉大な人に見えた」と話し、カッコ良かったと感想を述べる。

スポンサーリンク

翔平の気になるメンバーは?

ライブ終わりにSHEWASのメンバーとテラスハウスについて話す翔平。

「翔平君的には誰が気になるの?」と聞かれた翔平は、

”気が合うのはたぶん聖南さん”と答えつつ、”意外と安未が懐いてくれればなぁ”と話す。

翔平は安未が”何か結構心に闇を抱えていそう”と話し、その闇を晴らしてあげたいと語る。

そして今度安未をデートに誘おうと考える翔平なのでした。

というわけでテラスハウス軽井沢【11話】はここで終了。

スポンサーリンク

テラスハウス軽井沢【11話】の感想

見どころはなんと言っても至恩とつばさのスケートデートですね!漫画のような素敵なシーンが印象的でした。そしてつばさのお父さんの富男が、これまたいい仕事しますよねほんとに(#^^#)

そして安未が中村さんに対して自分から動き出したのも面白くなってきましたよね。今後恋する安未を見ることはできるのでしょうか?

そして翔平さんの音楽が最高にオシャレで素敵でした。良い人でありながら、恋愛経験豊富そうな翔平さんが、”全くテンションの上がらない安未”をどう攻略していくのか注目ですね(笑)

スポンサーリンク

今週の山チャンネル

※山チャンネルとは
テラスハウススタジオメンバーである「南海キャンディーズの山里さん」が、本音でテラスハウスの感想を語ります。歯に衣着せぬ物言いは、視聴者の感想を全て代弁してくださいます(笑)

ぜひ、ご覧になってみてください(#^.^#)

スポンサーリンク

副音声(スタジオメンバー)迷言(笑)

①珍しく笑ってリビングに入って来た安未を見て

あれ笑ってんじゃんどうした?金でも拾ったかお前(by 山ちゃん)

②急にキャラの方向性が変わった安未を見て(物凄く饒舌に)

色んな評判を気にして、”動いてないでツンケンしてる私ってこんなに世の中で嫌われてるの?ちょっと誰かを好きになって少し好感度を上げにいかなきゃ、この先芸能生活大変だな”みたいなことじゃなきゃ良いなって思います(by 山ちゃん)

③つばさと至恩の素敵すぎるスケートデートを見たことで、忘れていた感情を思い出して

危ないとこやった、光に包み込まれて消えそうやった(by 徳井さん)